農機具高く売れるドットコム
0120-791-419

受付時間
9:15~21:00

60秒で簡単入力 買取金額を調べる

農機具を売るための基本教えます。

「プロが教える農機具の売り方」第1回目のブログでは、これから農機具を売ろうと考えている方に向けたチェックポイントをご紹介。
初めてでも5つの基本を押さえておけば誰でもカンタンに売ることができます。

農機具を売るための基本

1.分かる情報は正確に

事前査定の際に、お客様が分かる範囲で詳細情報をいただけると、正確な買取金額をだすことができます。
もちろん、詳細情報が分からなくても概算で査定できますので気軽にご相談ください。

【こんなところを査定でみます】
  • ・正確な型番(型番が1文字違うだけで買取金額が変わることも!)
  • ・稼働時間
  • ・付属品(アタッチメント)
  • ・エンジンのかかり具合
  • ・車体の外観(キズ・ヘコミ・サビ)
  • ・タイヤのヒビ・パンクの有無
  • ・オイル漏れ
  • ・ロータリー動作
  • ・前進・後進
  • ・ライト点灯
  • ・PTO確認
  • ・ホーンの状態

2.ナンバー登録の解除

お住まいの地域の市町村役場に返還の届け出をしていただきます。
地域にもよりますが手続きをしないと、毎年1,600円程度の税金を納めないといけません。
売却の際はナンバープレートを外し、役所への届け出をお願い致します。
届け出は取り引き後でも問題ありませんが、引取り時にはプレートが外れている必要があります。

【ナンバー登録の解除方法】
  1. ①お客様の印鑑とナンバープレートを持って市町村役場に行きます。
  2. ②返還の届け出を出します。

【ナンバープレートの外し方】
  1. ①ご自身でドライバーを使用し外す
  2. ②引き取りの際、見積もりの担当者に外してもらう(少々お時間いただく場合もあります)

3.メンテナンス時期

日ごろから定期的に点検・整備をしていた、最近メンテナンスに出した、など詳細を伝えることで買取金額UPの可能性もございます。
20年以上前の製品でもしっかりメンテナンスをしていれば、まだまだ使える農機具もありますので、査定の前に確認しましょう。

4.車台番号の確認

車台番号とは、車両固有の認識番号です。
ほとんどの買取業者は車台番号が読めないトラクターは買取できません。
盗難の横行により、車台番号のチェックは非常に厳しくなっておりますので、しっかり確認しましょう。

<確認すべき項目>
  • ・車台番号が消されてないか
  • ・二度打ちされていないか
  • ・しっかり読めるか

5.泥を落として綺麗にする

必須ではないですが、泥や汚れを落とした方が査定金額UPに繋がります。
また、アワーメーター部分や車体が綺麗だと査定もスムーズに進みます。
大切にしてきた農機具、感謝の気持ちも込めて綺麗にしてあげましょう。
ちなみに、状態にもよりますが故障してしまった農機具でも買取可能です。 大切にしてきた農機具であれば、たとえ故障していたとしても一度査定を行ってみてください。

お取り引き当日は?

出張の場合は担当スタッフがご自宅までお伺いいたします。
事前査定時の情報と照らし合わせ、実際にお客様とご一緒に農機具本体の動作を確認させていただきます。
差異がなければその場で買取金額を現金でお支払いし、運搬作業に移りお取り引きは完了です。

いかがでしたか?農機具の売り方は意外とシンプルで簡単です。
ナンバープレートの取り扱いで一部手続きは発生しますが、難しい作業などは一切必要ありません。

気になる方は改めて農機具買取の流れをご確認ください。 廃棄処分の費用をかけることなく不要になった農機具をお売りいただけます。

0120-791-491

(受付時間 9:15~21:00)