農機具高く売れるドットコム
0120-791-419

受付時間
9:15~21:00

60秒で簡単入力 買取金額を調べる

古いトラクター(20年前)でも実は高値で売れる3つの理由

とても古いトラクターでも売れる可能性があることをご存知ですか?
あなたがもう売れないだろうと思っていた20年以上前のトラクターでも実は価値があり、需要があるのです。

ここでは、眠らせているトラクターを処分する前にぜひ査定だけでも試していただきたい理由をお話しいたします。

1.海外での需要が非常に高い

20年前に製造された古いトラクターなんて価値がないと思っていませんか?
そんなことはありません!

実は新型のトラクターに比べて安価な中古トラクターは海外の新興国で高い需要があります。

新興国は近年、経済発展が著しく、人口も増加し続けているため、農業を機械化し生産効率を上げる必要があります。
そこで特に人気があるのが日本の高品質な農機具でありトラクターです。
しかし、新しいトラクターは価格も高いため、日本の古いトラクターの需要が非常に高まっているのです。

今まで日本のトラクターは次々と進化を遂げてきました。
そのため、20年前の古いトラクターの買取をしている業者さんを見つけるのはとても少なく、難しいことだと思います。

しかし海外需要を見抜き、販売を行っている農機具高く売れるドットコムなら あなたの処分できずに困っている古いトラクターが思わぬ高値で売却できる可能性があるかもしれません!

2.国産メーカー製は驚くほどの耐久性があるため

なぜ日本の中古トラクターが価値があり海外で人気があるのでしょうか? その秘密はずばり品質の高さにあります。

日本の農機具の品質の高さは海外でも認められており、多くの国で日本産のトラクターが使われています。 では、どのような部分が海外メーカーと比較して優れているかというと...

  • ・海外ではガソリンエンジンが主流だが、日本はディーゼルエンジンを搭載しているため耐久力が高い
  • ・小型でもハイパワーを誇る

などといった点が上げられます。

そのため、日本のトラクターは20年前に製造されたものでも問題なく動き、
価格も比較的安いため海外や国内の農業新規参入者に非常に高い需要があります。

特に国産メーカーでも人気があるのが、クボタ、ヤンマー、イセキなどです。
海外市場でも有名なクボタをはじめ、この三つのメーカーは特に人気が高く、
当社でも非常に多くの農機具の買取依頼をいただいています。

もし上記に当てはまる国産メーカーのトラクターをお持ちでしたら、
眠らせたままではなく査定をしてみることをオススメします。

3.農業新規参入の小規模農家は中古トラクターを求めている

日本のトラクターは中古でも価値があることがわかってもらえたと思います。

しかし次々と新しく高品質で便利なトラクターが製造される中で、
中古トラクターが本当に需要があるの?という疑問は当然ありますよね。

海外での需要が高いということは1つ目の理由でお伝えしましたが、
国内でも中古トラクターを購入したいと思っている方が存在します。

それが新規参入を考えている小規模農家なのです!

これから農業を始めようとするとどうしても初期費用がかさんでしまいます。
ビジネスではない個人的な農業であれば農機具は必要ないと思いますが、
農業で利益を上げるには生産効率が重要です。

しかし新品のトラクターは小型でも100万円以上はするため、
簡単に購入できるものではありません。

「とりあえず動けば良い」と考える農家さんが多いことで、 まだまだ中古トラクターの需要は高いといえるでしょう。

このように処分しようと考えていたトラクターが 別の農家さんの下で再び利用されることがあるため、 どんなに古いトラクターでも一度売却を考えてみてはいかがでしょうか?

まとめ

20年前に製造された古いトラクターでも高値で売れる可能性があることがわかっていただけたでしょうか。

中古のトラクターを必要としている方は日本国内をはじめ、
世界中に存在しているのです。

もしあなたが

  • ・古いトラクターを買い換えたい
  • ・トラクターの処分に困っている
  • ・古いトラクターで売却先がない
などお困りでしたらぜひ農機具高く売れるドットコムで売却してみませんか?

当社は全国どこからでもインターネット、電話、FAXで無料査定を承っています。
まずはあなたの眠らせているトラクターの相場だけでも知ることからはじめてみましょう。

こちらの記事もおすすめ:有名農機具メーカーランキング

0120-791-491

(受付時間 9:15~21:00)