農機具高く売れるドットコム
0120-791-419

受付時間
9:15~21:00

60秒で簡単入力 買取金額を調べる

離農で使用しなくなったトラクター・農機具の取り扱いについて

離農を考えている方にとって一番心配なことは農機具の処分だと思います。

  • ・どう処分していいかわからない
  • ・古いが売却は可能なのか
  • ・愛着があり、処分に抵抗がある

など様々な問題に直面すると思います。
そんな離農に関するお悩みを解決する方法を紹介致します。

1.離農で起こる農機具の処分問題

まず離農の際に必ず起こる問題が農機具の処分方法だと思います。
使わなくなった農機具をどうすればよいかわからない方も多いのではないでしょうか?

これまで苦楽を共にしてきた農機具は愛着もあると思います。
しかし保管しておくにはスペースも限られていますし、整理しなければならない時が必ず来ます。

その際にどう片付けていいかわからなくなるケースも非常に多いのです。
農機具をはじめとした納屋の整理をするタイミングというのは、農業を辞めるタイミングが一番最適だといえるのです。

そうはいっても、処分する際には様々な問題に直面します。
農機具はとても大きなものが多く、簡単に解体したり、売却できるものではないでしょう。

そういったお悩みを抱えているお客様方に私たちから、おすすめの処分・整理する方法を紹介していきます。
一度お読みいただければ、離農をお考えの方の力になることができると思います。

2.まずは、処分・整理する方法を相談

離農にあたり、まずは農機具をどう処分・整理するのか。
一度ご家族やご親族の方々と相談してみてはいかがでしょうか?

農機具はどんなに古いものでも、お客様とそのご家族にとっては資産です。
農業を辞めてしまうからといって、お客様自身で処分方法を決定するより、ご家族全体で、どう処分するのが一番最適であるか話し合うことが大切です。

では具体的に処分方法としてどういった選択肢があるのか提示してみました。

  • ・解体業者に依頼して引き取ってもらう
  • ・友人に譲る
  • ・買取業者に依頼して売却する

といった三つが主になると思います。

お客様やご家族でどの方法が一番離農のリスクを減らせるかということを一度話し合ってみてください。

業者さんに解体を依頼するとお金がかかることは避けられません。
ご友人の中で引き取ってもらえそうな方がいれば譲ることも考えることができます。

3つめの買取業者に依頼して売却を検討することも候補になります。

もし壊れている、古すぎて売却できないと考えていらっしゃる方は、次の記事を読んでいただきたいと思います。
お客様の長年パートナーであった農機具たちが新たなる人生を送ることができるかもしれません。

こちらの記事もおすすめ:中古農機具の買取相場は?

2.まとめ

ここまで記事を読んでいただいて、離農する際はまず買取業者に査定だけでも 依頼することができることがお分かりいただけたでしょうか?

私たち農機具高く売れるドットコムでは、全国どこへでも無料で出張買取を行っております。 農業を引退する際、一気に農機具を処分するなら当社にお任せください。 どんな種類、状態の農機具でも買取しております。

インターネット、電話、FAXで無料査定を行っております。 お客様の人生で重大な決断である離農を私たちも買取業者という立場でぜひ、お手伝いさせていただきます。

0120-791-419

(受付時間 9:15~21:00)