農機具高く売れるドットコム
0120-791-419

受付時間
9:15~21:00

60秒で簡単入力 買取金額を調べる

秋田県の農機具買取|出張査定・引き取り料無料!

秋田県での農機具買取なら農機具高く売れるドットコムにお任せください。 トラクターやコンバイン、田植え機などあらゆる中古農機具の出張買取に対応いたします。離農などで処分してしまうまえに無料査定をご利用ください。

0120-791-419
買取価格を調べる

農機具買取の流れ

  1. STEP1

    査定のお申し込み

    電話、WEB、FAXより査定のお申し込みを受付させていただきます。商品の情報よりお持ちの農機具を査定いたします。

  2. STEP2

    査定結果のお知らせ

    概算の買取金額をお伝えします。金額にご納得いただいた場合は買取方法についてご案内いたします。

  3. STEP3

    お引き渡し&お支払い

    商品のお引き渡し後、商品の動作や状態の確認を行います。買取金額をお伝えし、ご了承いただければお支払いとなります。

秋田県のお客様から買取した農機具

出張買取対応店舗はこちら

秋田県への出張買取は宮城県仙台市にある「仙台リユースセンター」の農機具担当スタッフがお伺いいたします。出張日時や金額のご相談などお気軽にお問い合わせください。

店舗ページはこちら:仙台リユースセンターの紹介

出張対応エリア

  • 秋田市
  • 能代市
  • 横手市
  • 大館市
  • 本荘市
  • 男鹿市
  • 湯沢市
  • 大曲市
  • 鹿角市
60秒で簡単入力 買取価格を調べる!
0120-791-419

(受付時間 9:15~21:00)

秋田県の農業の特徴

秋田県は、農業生産額において米の割合が高いことが特徴です。県独自のブランド米として開発された「あきたこまち」が全国的に流通しているほか、酒どころとしても知られています。 平野部の稲作に対して、山間部では果樹やきのこの栽培がさかんです。果物ではリンゴや梨、ぶどうなど、きのこでは菌床しいたけ が有名です。 また県魚ハタハタや、じゅんさい・とんぶりといった独特の食文化が根付いているのも大きな特徴といえます。。

秋田県で使用されることが多い農機具

秋田県は「あきたこまち」に代表される米どころです。米作りをする上では、農業用トラクターをはじめ、耕運機・種まき機(播種機)や田植え機・自脱型コンバインなどの農機具は、必需品といえるでしょう。コンバインについては、全国的には2~3条刈りが平均ラインのところ、水田の広い秋田県では3~4条刈りが主流です。とくに大潟村のような大規模農家の多い地域では、5条刈り以上の大きなコンバインも導入されています。八郎潟干拓地ほどの面積の作付けを手作業で行うのはほぼ不可能なので、秋田県では稲作用農機具の需要が極めて高いといえるでしょう。コンバインは秋田県の特産物であるとんぶりを作る過程でも使われます。

一方、山間部では果樹栽培がさかんです。果樹農家では、虫害や病害を避けるための農薬散布機(スプレイヤー)や雨が少ない時の灌水機がよく用いられます。果樹栽培では手作業も多く、比較的小型の農機具をしようしています。栽培する果物の種類によっては、選果機や運搬機、深層施肥機や自動昇降機を導入している農家もあります。

秋田県の年間農業生産額・特産物

平成28年の農林水産省のデータによれば、秋田県の年間農業産出額は1,745億円で、全国で20位です。その中で、米の生産割合が約54%ととても大きく、米だけに限れば全国3位の生産額を誇っているのが特徴です。とくに、八郎潟の干拓により誕生した大潟村は、大規模農業のモデル農村とされてきました。農家一戸あたり10haという広大な水田をもち、大型機械を導入した近代的な稲作で、今なお安定的な経営を可能にしています。お米のほかには、リンゴやブドウ、サクランボなどの果樹栽培もさかんで、内陸山間部では、果物やキノコを専門に扱う農家が数多くいます。

さらに、秋田ならではの農産物に、畑のキャビアと呼ばれるとんぶりや、独特のぬめりが美味なじゅんさいがあります。いずれも流通量自体は多くありませんが、どちらも秋田県が生産額日本一の特産物です。とくにじゅんさいは、三種町が国内生産量の約90%を占めています。ちなみに秋田県特産のとんぶりは、ホウキギという一年草の実をコンバインで脱穀後、煮てから1日水に浸し、手で揉んで外皮を取り除く作業を2~3回繰り返して作られます。ほかにも、わらび・ぜんまい・ふきのとうも全国2位の収穫量で、秋田県は山菜の宝庫といえるでしょう。

0120-791-419

(受付時間 9:15~21:00)