農機具高く売れるドットコム
0120-559-587

受付時間
9:15~21:00

60秒で簡単入力 買取金額を調べる

福島県の農機具買取ならこちら

福島県にお住まいで農機具の処分に困っている方におすすめの中古農機具買取サービスです。 電話・ウェブで無料査定・ご相談を受付しています。農機具の知識を持ったスタッフが担当するため安心です。いくらで売りたいといったご相談も大歓迎です。今すぐお問い合わせください。

0120-559-587
買取価格を調べる

農機具買取の流れ

  1. STEP1

    査定のお申し込み

    電話、WEB、FAXより査定のお申し込みを受付させていただきます。商品の情報よりお持ちの農機具を査定いたします。

  2. STEP2

    査定結果のお知らせ

    概算の買取金額をお伝えします。金額にご納得いただいた場合は買取方法についてご案内いたします。

  3. STEP3

    お引き渡し&お支払い

    商品のお引き渡し後、商品の動作や状態の確認を行います。買取金額をお伝えし、ご了承いただければお支払いとなります。

福島県のお客様にお売り頂いた農機具

出張買取対応店舗はこちら

福島県への出張買取は宮城県仙台市にある「仙台リユースセンター」の農機具担当スタッフがお伺いいたします。出張日時や金額のご相談などお気軽にお問い合わせください。

店舗ページはこちら:仙台リユースセンターの紹介

出張対応エリア

  • 福島市
  • 会津若松市
  • 郡山市
  • いわき市
  • 白河市
  • 原町市
  • 須賀川市
  • 喜多方市
  • 相馬市
  • 二本松市
60秒で簡単入力 買取価格を調べる!
0120-559-587

(受付時間 9:15~21:00)

福島県の農業の特徴

北海道・岩手県に次いで全国第3位の面積をもつ福島県は、川の字状に浜通り・中通り・会津の3つの地域に大別されます。それぞれの地域に地形や気候上の特色があり、沿岸部から内陸山間部まで多様な農業条件がそろっています。

そのため、米を筆頭に、特産物である桃やそのほかの果樹・花卉類と、さまざまな農作物が作られているのが特徴です。大消費地仙台に近いことから野菜などの近郊農業もさかんで、多くの種類が作られています。

福島県で使用されることが多い農機具

東北地方は全般的に米どころとしての印象が強いと思いますが、福島県でもやはり稲作がさかんです。稲作では、田を耕す耕運機やトラクター・一度にたくさんの苗が植えられる田植機・播種機・収穫をする自脱型コンバインなどが必要です。そのほかにも農薬散布に使う動力散布機や、草刈り機なども用います。野菜農家の場合は、作物によってはハーベスタを導入することで作業効率が大幅にアップします

福島県の特産物の1つである桃は、とても手間のかかる農作物です。防虫防疫のための消毒機(スプレイヤー)や降水不足の時に使う灌水機、そして草刈り機にトラクターと、さまざまな農機具が使われています。また桃の花や実の手入れ作業に、脚立ではなく自動昇降機を使っている農家もあります。 会津地方をはじめとする山間部では、冬に雪が積もることも多く、除雪機も農機具の1つとして活躍します。手押し式の安価でコンパクトなタイプから、エンジンを搭載している大型でパワフルなものまでさまざまあり、使用する人の体力や耕作地の面積などによって、適切なサイズが変わってきます。

山形県の年間農業生産額・特産物

『農林水産統計年報』によれば、平成28年度の福島県の年間農業産出額は2,077億円、全国17位となっています。そのうち米が33.3%を占め全国7位、畜産23.9%、野菜23.3%、果実13%と続きます。福島県は、海沿いの浜通り・山間盆地の会津・両者の間の中通りという3つの地域からなり、それぞれの土地の特色を活かしながらバランスの取れた農業構造となっているのが特徴です。

福島県の特産物には、福島のブランド『あかつき』に代表される桃があります。ほかにも暁星(ぎょうせい)・白鳳・たまきなどの品種も栽培しており、その収穫量は、山梨県に次いで全国2位となっています。

野菜では、きゅうりの収穫量が全国1位、さやいんげんの収穫量が全国2位、さやえんどうが3位となっています。また、花卉類の栽培がさかんなのも、福島県の特徴です。りんどうや宿根かすみそう、トルコキキョウの出荷額が、いずれも全国10位以内と上位に位置しています。

0120-559-587

(受付時間 9:15~21:00)