農機具高く売れるドットコム
0120-559-587

受付時間
9:15~21:00

60秒で簡単入力 買取金額を調べる

島根県でおすすめの農機具買取サービス

島根県の農機具買取ならお任せください。農機具の知識を持ったスタッフが査定を担当し高価買取いたします。

0120-559-587
買取価格を調べる

農機具買取の流れ

  1. STEP1

    査定のお申し込み

    電話、WEB、FAXより査定のお申し込みを受付させていただきます。商品の情報よりお持ちの農機具を査定いたします。

  2. STEP2

    査定結果のお知らせ

    概算の買取金額をお伝えします。金額にご納得いただいた場合は買取方法についてご案内いたします。

  3. STEP3

    お引き渡し&お支払い

    商品のお引き渡し後、商品の動作や状態の確認を行います。買取金額をお伝えし、ご了承いただければお支払いとなります。

出張買取対応店舗のご紹介

島根県内からご依頼頂いたお客様のご自宅まで「神戸リユースセンター」のスタッフがお伺いいたします。 その場で売却ご希望の農機具の査定を実施いたします。まずはいくらで売れるのか目安がわかる事前査定をフリーコールまたはウェブからお申し込みください。

60秒で簡単入力 買取価格を調べる!
0120-559-587

(受付時間 9:15~21:00)

島根県の農機具買取実績

60秒で簡単入力 買取価格を調べる!
0120-559-587

(受付時間 9:15~21:00)

島根県の農業の特徴

島根県は隣の鳥取県に次いで、日本で2番目に人口が少ない県です。人口が少ないので、農業においても高齢化が進み、県内農業の担い手は少なくなりつつあります。高齢化率は全国で一番となっています。 高齢化が進めば、農業から離れる人の割合も多くなります。そのため、今まで個人で営んできた農地を集約化して、法人など組織的に運用する試みも現在おこなわれています。島根県では、こうした、農地の集約化が進行している最中なのです。

島根県で使用されていることが多い農機具とは?

前述したとおり、今までの島根県の農業は個人の農家が中心でした。農地は家族で管理できるほどの広さの場合が多く、農機具は小型のものを使用する農家が多かったようです。

しかし、農業の経営体は平成17年当時は3万以上あったのですが、平成27年になると19,920と3分の2程に減少しています。一方で農地の広さでいえば、平成17年は10ヘクタール以上の農地を持つ経営体は153だったのに対し、平成27年は304と倍増しています。この数字を見ても、農地が集約され、より広い土地での農業がおこなわれていることがわかります。

このため、以前から使用されていた小型のトラクターや田植え機、コンバインなどでは作業の効率が悪いため、大型のものに切り替わる傾向にあります。また、高齢化のため、農地を農業法人等の経営体に売却するなどして、農機具が不要になる場合もあります。

不要になった農機具は、廃棄するという手段もありますが、今後の農業のためを考えるなら、売却して再利用する方法という方法もあります。農機具を廃棄するには、費用がかかりますが、買取価格がつけば、逆に収入になる可能正もあります。また、その農機具を必要としている農家が安く手に入れられるチャンスが生まれるのです。

出典:2015年農林業センサス結果報告書

島根県の年間農業産出額・特産物について

島根県全体の農業産出額は、約629億円です(平成28年)。平成6年には約898億円ありましたので、大きく減少していることがわかります。これも高齢化が一因として考えられるでしょう。

島根県の特産物として有名なのは、野菜類です。特にキャベツは、東西に長く、標高差がある島根県の地形を活かして、冬は比較的暖かい平地で栽培して、夏は涼しい山間部で栽培する方法がとられています。また、ネギ類の栽培も盛んです。関西方面でよく使用される青ネギはハウス栽培されています。白ネギは露地栽培が主で、何度も土寄せをして、高品質な白ネギをつくっています。キャベツや青ネギには県内の栽培指針、栽培基準があります。

また、全国的にも有名な作物がアムスメロンとわさびです。アムスメロンの生産量は千葉県に次ぎ第2位、わさびは第4位となっています。そのほかにも、ぶどうのデラウェアは4位、薬用人参は3位と、多くの作物がつくられています。

出典:しまね統計情報データベース

0120-559-587

(受付時間 9:15~21:00)

中古農機具情報