農機具高く売れるドットコム
0120-559-587

受付時間
9:15~21:00

60秒で簡単入力 買取金額を調べる

栃木県の農機具・トラクター買取ならお任せください

栃木県のお客様を対象に農機具の買取サービスを実施しています。出張料・引き取り費用など一切かかりません。 農業を辞める際や、農機の買い替えタイミングなどで処分をご検討ならぜひお問い合わせください。プロによる査定を電話・ウェブで毎日受付中です。

0120-559-587
買取価格を調べる

農機具買取の流れ

  1. STEP1

    査定のお申し込み

    電話、WEB、FAXより査定のお申し込みを受付させていただきます。商品の情報よりお持ちの農機具を査定いたします。

  2. STEP2

    査定結果のお知らせ

    概算の買取金額をお伝えします。金額にご納得いただいた場合は買取方法についてご案内いたします。

  3. STEP3

    お引き渡し&お支払い

    商品のお引き渡し後、商品の動作や状態の確認を行います。買取金額をお伝えし、ご了承いただければお支払いとなります。

栃木県の農機具買取対応店舗

栃木県内の農機具買取は「埼玉リユースセンター」より専門スタッフがお伺いいたします。 出張料や手数料はかかりません。お気軽にコールセンターまたはウェブより査定をお申し込みください。

栃木県のお客様からお売り頂いた農機具

60秒で簡単入力 買取価格を調べる!
0120-559-587

(受付時間 9:15~21:00)

栃木県の農業の特徴

栃木県は南部が首都圏の外縁部、そして北部が高原の保養エリアという二面性をもっているのが特徴です。そのため県南ではいわゆる近郊農業に属する野菜や花卉類の栽培がさかんです。それに対して県北では酪農や畜産が農業の中心となっています。 県庁所在地の宇都宮は餃子で有名ですが、その材料の1つであるニラは全国2位の生産額。ほかにもイチゴやかんぴょう、生乳、二条大麦、青刈りとうもろこし、陸稲が全国1、2位の生産量を誇っています。

栃木県で使用されていることが多い農機具とは?

栃木県を代表する農産物にイチゴがあります。イチゴは背丈の低い植物なので、必然的にしゃがんだり腰を曲げたりしての作業が多くなりがちです。そのため、座ったまま移動できる細身の台車や、畝をまたいで運べる収穫車などが活躍します。また、露地と並んでトンネル栽培やビニールハウス栽培も普及しています。ハウス内の温度や湿度を管理する機器も、イチゴ農家にとっては欠かせない農機具といえるでしょう。

酪農においては、大型の搾乳機や牧草ロール機(ベーラー)を導入しているところも少なくありません。マニュアスプレッダー(堆肥散布機)や飼料を刈り取るためのハーベスターのような特殊な農機具を所有している酪農家も見受けられます。

もちろん水田や畑地も多く、その規模もさまざまです。人が押して耕す耕運機や広い面積を耕すのに適したトラクターなど小型、大型に関わらず幅広く使用されています。また、田植機、コンバインといった稲作に欠かせない定番の農機具も広く使われています。また栃木県は野菜の生産割合も大きいので、それぞれの作物に適したハーベスタの需要もあるでしょう。

栃木県の年間農業生産額・特産物について

栃木県の公式HPによれば、平成28年度の農業産出額は2,863億円で、これは全国第9位の数値です。栃木県の特産物といえば、イチゴを思い浮かべる人も多いでしょう。実際に、栃木県のイチゴ出荷量は昭和43年(1968年)から50年連続で日本一の座を守り続けています。全国的に有名な「とちおとめ」をはじめ、夏でも収穫可能な「なつおとめ」、観光農園専用品種「とちひめ」などさまざまなイチゴが開発されてきました。

イチゴのほかに、栃木県はかんぴょうの生産量日本一、ニラが全国2位の県としても知られています。どちらも県南部で広く栽培されていて、とくにかんぴょうは全国シェアの8割を占めています。

他方で、那須を中心とする北部高原地帯では酪農がさかんです。とりわけ生乳は、北海道に次ぐ全国2位の生産量を誇っています。肉牛の飼育数は平成28年時点で全国6位ですが、県産のとちぎ和牛は高級ブランドとして数々の賞を受けています。

0120-559-587

(受付時間 9:15~21:00)

中古農機具情報